アフターピルは緊急避妊の味方~もしもの時のオクスリドットコム~

薬

いざと言う時に備えて

必要にならないに越したことはありませんが、早急にアフターピルが必要になることは誰にでも起こり得ます。東京で購入するならどこか、服用する際の注意点は、など今一度確認しておきましょう。

詳しく見る

処方してくれるところ

早急に東京でアフターピルを買えるところを知りたい、となると選んでいる余裕がなく、目についたクリニックを選びがちです。クリニックと言っても様々なので、事前にきちんと調べておくことが大切です。

詳しく見る

クリニックによって

東京にはアフターピルを取り扱っているクリニックが沢山ありますが、クリニックによって料金もアフターケアの有無、内容が大きく違うことをご存知でしょうか。利用する際はその辺りも含めてチェックすることが大切です。

詳しく見る

緊急の避妊薬

安心して出産が出来るように事前の入念な準備が必要になって来ます。横浜市で分娩の環境を整っている所を探しておこう。

パートナーや恋人とのセックスをする際、「まだ子どもは欲しくない」と考えているカップルは避妊具を使います。避妊具として最もよく使われているのがコンドームやペッサリーなどと呼ばれるものです。コンドームは、一般的にポリウレタンやラテックスなど、ゴムに近い素材でできている避妊具で、男性器に被せる形で使用します。男性器が勃起しているときに使用して、男性器全体をすっぽりと覆うように使用することが大事です。ペッサリーは、子宮口に覆い被せて使用する避妊具のことです。こちらはコンドームと比べると避妊の確率がやや低めなので、最近はあまり使われていません。

これらの避妊具を使ったからといって、妊娠する確率が0だとは言い切れません。コンドームが破れてしまうなどのトラブルがあると、避妊に失敗していまいます。そんな緊急時に役立つのが「アフターピル」と呼ばれる緊急避妊薬です。アフターピルは、一般的に避妊の失敗したセックスの後、72時間いないに服用するのが基本です。そうすれば、望まない妊娠の回避を促すことができます。

アフターピルは2回に分けて服用するのが一般的です。避妊に失敗してしまった、妊娠のかのうせいがあると思われるセックスの後、72時間以内に1回目のアフターピルを服用します。その後さらに12時間が経ったら、2回目のアフターピルを服用しましょう。時間内にアフターピルを服用した場合、避妊できる確率はおよそ70%から89%程度だといわれています。

ピルは大阪でも一般的に利用されていますが、利用する際はきちんと用途を守らなければなりません。詳しくはコチラをチェック!

健康で上部な赤ちゃんにするなら妊婦の栄養接種はきちんとしなければなりません。バランスのとれた食事をしてみましょう。

臨月で腹痛などが発生した場合は、我が子が生まれてくる証です。だから無理をしないで身体を休ませることが大切です。